アクリル彫刻

種材料の調達からデータ作成まで、お客様の希望に沿った製造方法を選択することができます。
短冊銘板、だるま銘板からメモリ、スナップなど様々な形状、内容の彫刻を行います。

一つづつ内容が異なる製品、または製作個数が少ない製品に向いている加工です。

基本的に書体は丸ゴシックになります。
彫刻は、白吹きの透明素材の裏側に反転文字を彫りこむ「裏彫り」と、素材の表側に文字を彫る「表彫り」とがあります。工業用には、通常、「裏彫り」が使用され、長年の使用によって文字の塗料が剥げ落ちるなどの劣化もなく、見た目が美しい仕上がりになります。

【短冊銘鈑】


もっとも数が出る製品です。
小さいものでは8×30 などのサイズもあります。


【タイトル銘板】


短冊に比べ、大きなサイズとなります。
制御盤、操作盤のタイトル銘板が多くなっています。

【だるま銘板】

標準サイズは22パイ、25パイ、30パイとなります。

特殊サイズ(別注ダルマ)も承っております。


【スナップスイッチ】


四角い銘板の真ん中に穴開けを行っています。
標準サイズから様々なサイズで作成可能です。

【メモリ】


制御パネル、道路図、地図、案内図など様々な様式の図を透明アクリルの裏面に彫刻・色入れ・塗装して作成いたします。

【その他】


背景色をつけています。背景色・文字色の変更が可能です。(別費用)

色板へ彫刻を施し、赤字にしています。

特別な材料に彫刻しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加