銘板の製作を大阪を拠点とし主にアクリル彫刻を最適な価格で提供!

銘板製作を大阪を拠点として営んでいる
ユーテック銘板と申します。

主にアクリルに彫刻をしていることが
多くそのほかにもアルミやステンレスにも
彫刻しています。

銘板の製作を大阪を拠点

銘板業を営んでいます、ユーテック銘板と申します。

銘板の製作は大阪の門真市に工場があります。
ピンポイントの場所は下記になります。

 

主に工業用銘板に携わっていて主に
アクリル彫刻をしています。

銘板は主にアクリル彫刻を最適な価格で提供!

 

銘板の製作は主にアクリルですが
アルミやステンレスにも彫刻しています。

ステンレスに彫刻できない場合もありますので
一度お問い合わせいただければ可能かどうか判断が出来ます。

アルミに関してはアルマイト処理されているものが
彫刻に最適とされています。

アクリル彫刻銘板

 

アクリル彫刻銘板とは主に裏彫りで製作しています。銘板の全体の写真

上記のような銘板を製作しています。

ずらーっと並べましたが、これは一つの
製番の量です。

これはかなり多いいです。

銘板が並んだものの拡大したもの

紙テープをずらーっと貼っていますが、これは
ばらばらにして入れると、これだけの量なので
銘板を張る際に探すのが時間がかかると思い
図面上に書かれているものの順番にしています。

私が工場を廻っている時に銘板を探す作業が
とても大変だと聞いていたので、あまり多いい時には
上記のように並べて納品しています。

記名板の彫刻したもの

上記のものは記名板といいランプ材料に
表に彫刻したものです。

この裏に紙テープを張っていますが
少しわかりずらいと思います。

この材料自体はまだ大きい方なのですが
すごく小さい記名板の材料などを
梱包した際に、なくす恐れがあるため
紙テープを張って目立つようにしています。

アクリルの材料自体もどんどん高くなってきてはいますが
ユーテック銘板としては最適な価格で取引を行っています。

最適な価格て?と思われるかもしれませんが、
一度取引していただいたお客様は離れていったことが
ないと自負しています。

銘板のことでわからないことがあれば
ぜひとも相談してください。

まとめ

銘板の製作を大阪を拠点としもう少しで
半世紀になります。

主にアクリル彫刻をしています。

アクリルの値段が上がっては来ていますが
最適な価格で提供できているとおもいますので
どんなものを製作しているか
一度HPでも覗いてみてください。

http://yutech-meiban.com ユーテック銘板(機械彫刻銘板)

 

 

弊社製品についてのお問い合わせは、こちらで受付しております。

電話・FAX・メール

E-mail
misekogei@ybb.ne.jp
TEL
06-6903-1322(平日 9:00~17:30)
FAX
06-6903-5109

 

図面などがあればメールで送っていただければ
よりわかりやすいと思います。

お問い合わせフォーム

弊社製品についてのお問い合わせは、下記でも承っております。

*は必須項目です。

お問い合わせ内容*
お名前(漢字)*
お名前(フリガナ)*
E-Mail*
電話番号(半角)*
FAX番号(半角)

白吹きアクリルで銘板を作成!裏彫り用の材料を使い彫刻

白吹き材料を使って彫刻するための
アクリル材料です。

白吹き(しろふき)材料をよく知らない
人もおられますがそれもそのはずで
昔はなかったからです。

この記事は株式会社ユーテック銘板によって
作成されたものです。

白吹きアクリルで銘板を作成!

白吹き材料っていうのは
透明のアクリルに白を吹き付けている
材料になります。

もう少し詳しくすると
アクリル透明樹脂板の上に
焼付塗装を施した彫刻用に特化した
銘板材料になります。

焼付しているのでただ白の部分は
剥がれ落ちません。

裏彫りで材料に彫刻すると
白が削り取られるので
そこに色を充填すると文字が
はっきりとわかります。

白吹きを彫刻しているところの画像です。

このように白吹き材料を彫刻した後に
色を充填していきます。

ペンキが乾いた後は両面テープを貼ります。

白吹き材料に彫刻した後に
表を向けたら全体が青の色に
なっていますがこれは保護フィルムです。

白吹き銘板の完成した画像

青の透明フィルムを
めくれば白吹きの白となっています。

裏彫り用の材料を使い彫刻

裏彫りの彫刻が工業用銘板では
主流となってきていますが
昔はそうでもなかったのです。

白吹き材料がない時には
透明アクリルに彫刻した後に
色を流し込み、それを吹きとってから
バックを白で塗ります。

バックに白を塗る際の注意点としては
どうしても塵などのごみが付着するので
エアーで吹き飛ばしてから吹き付けを
することをお勧めします。

彫刻の使用にたまに昔の図面を
引用してるものに

彫刻材料仕様

透明アクリルに彫刻後、黒充填し
バックを白地にする

などと書かれているものもあります。
もはや時代遅れというかそんなこと今の
銘板屋さんはしていません。

昔に使われていた材料

表彫り銘板

これは表彫りをしたものです。

この材料の呼び方はいろいろあり
かべ白、骨白 などがあります。

実際、表彫りで彫った写真を
もう一枚あります。

表彫りで彫った銘板

今でも使われるのですが
それは昔ながらの過程で使用されることが
多いいのが特徴です。

裏彫りの材料、つまり白吹きの
材料を知らない人にとっては
上記の写真のような裏表真っ白な
材料に彫刻を頼まれます。

弊社ではどちらでも対応可能です。

まとめ

白吹きアクリルで銘板を作成した動画
があるのでわかりやすかったでしょうか?

工業用銘板では裏彫り用の材料を使い彫刻する
事が多いいですが、裏表真っ白な材料も
もちろん在庫していた使用しています。

 

銘板の製作は大阪の門真市!アクリルやアルミなどに彫刻する専門業者

銘板の制作をどこでやったらいいか
迷っていたら弊社:大阪の門真市に
あるユーテック銘板にまかせてください。

主にアクリルに彫刻し工業用銘板の
製作をしている専門業者です。

ユーテック銘板として工業用プレートとを
製作しています。

銘板の製作は大阪の門真市の専門業者

銘板の製作は1980年から始めています。

大阪で開業し、はや41年ですが
創業前からだと50年近くになります。

弊社は大阪府門真市で銘板の製作を
しております。

弊社の経歴はこちらに詳しく載っております。

企業概要

銘板の製作は大阪でアクリルやアルミなどに彫刻する

銘板の製作は今の場所大阪でおこなっています。

銘板の製作はアクリルに彫ることが
ほとんどですが、アルミなどにも
彫刻することができます。

銘板の専門業者になります。

他の銘板屋さんが出来ないものを
弊社で依頼されることも多いです。

製品一覧

どのような彫刻をしているかは上記の
もので一度見てください。

まとめ

弊社の銘板の製作は大阪の門真市で
おこなっています。

弊社の名前は株式会社ユーテック銘板といい
以前は見世工芸として銘板を製作していることが
ありました。

アクリルやアルミなどに彫刻する専門業者であります。

会社概要などを見ていただいて製品一覧
見ていただければ早いかと思います。